更新 | 戻る

削除モード
投稿メアドorパス:

15. ホームページはこちらから


ホームページはこちらから

このホームページは当社では情報の更新ができません。

新しい物件内容はしばらくの間、下記のページで公開しています。

Http://www.simple-eco.jp

お手数かけますが宜しくお願いいたします。

12/09/17 17:44

14. ただいまホームページを新規作成中です
ホームページ新規作成中につき、このHPでの物件更新は行っておりません。お手数ですが、しばらくの間、販売物件内容のご確認は左記HPまでお願いいたします。⇒http://www.simple-eco.jp 
12/07/23 18:10

10. 『 こころの輪 』
甚大な被害をもたらしている東北関東大震災により被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。また、災害派遣中の自衛隊員の方々、人員も装備も十分ではない中での放射能汚染対策作業中の方々、本当に毎日お疲れ様です。月並みな言葉を述べることしかできませんが、私達も震度6という地震を体験し多くのことを学び、気付かされました。今回の東北関東大震災の被害額は16兆円〜25兆円に上るとも言われています。経済が厳しいこの時期、復興資金の調達などどのような政策を打ち出すのか、日本国としての真価が問われています。私達個人そして企業としてできること、節電意識はもとより、便利さの裏側で犠牲になっている多くの問題に意識を向け改善していくことが必要であると、改めて痛感しています。 忙しさの中で‘ありがたい’‘勿体ない’という感謝の心を忘れ からだや意識、行動がいつのまにか‘なまけもの’になっていた気がします。 相手の心を忖度することや、笑顔の裏で自分を我慢してしまう心の機微を学び、人と人との絆の大切さ、家族への思いやり・愛情の大切さを身にしみて感じている今日。桜の蕾もようやくほころんできました。自粛、自粛で気分も乗りませんが、限られた時を咲き続ける花のパワーをいただくべく、皆でこの季節を味わうことも必要かと思います。働きたくても働けなくなった人達の代わりに、私達はより一層がんばっていきたいと思っています。  
11/04/03 18:25

9. 当社、事務所が移転いたしました。
昨年より建設しておりました、当社事務所(GAINA体感館)が完成いたしました。 瓦はエコハートのホワイトを使用し、その下にはガイナルーフィング敷き。 外壁も内壁も多機能性断熱塗材『ガイナ』の基本色(白)を塗布しています。 内装は国産無垢材(檜)を使用し柱表しとし、空間をやさしく演出いたしました。 毎朝出勤時に、外気温・室内温度・湿度を確認しながら、使用エネルギーの減少を 体感しております。 今日の出社時の外気温は0度、北側室内温度が10.9度、湿度50%です。 当社はまだエアコン(空調機)をとりつけていませんが、ストーブとファンヒーター(家庭用)で温度調節しています。 今、夜の8時ごろになりますが遠赤外線ストーブ1台で仕事中です。 この時間の外気温は2度。結構寒いです。室内温度は19.5度、湿度49%を表示しています。 室内温度が20度前後でも、体感温度は十分あたたかいです。これがちょっと不思議体験。 1階から2階までの吹き抜けありの大空間ですから、もっと冷えそうですが大丈夫。 そしてガイナには15にも及ぶ機能があります。 遮熱・断熱効果、暖房効率の向上、防音効果、消臭効果など、これからいろんな発見・体感が できると思っています。 当社は杉戸高野台駅東口 ロータリーに面しておりますので、お近くにお越しの際はぜひ お立ち寄りいただき、体感していただければと思います。 本年も宜しくお願いいたします。 
11/01/16 11:04

7. ハウスガードシステムの家

山から川、海へと流れる自然の恵み“水”。

山の健康を助けることで海へと続く自然環境を守る。

長年放置された山は木々が過密になり太陽の光が入らない。

木の根は浅く保水力がないために山肌を流れる雨は洪水や

山崩れなどの原因にもなる。倒木となればCO2を大気中に放出。

国産無垢材を使った家。それは山の老朽化を活性化することにも

なる。木材を切り出し老木から若木へと木を更新することで

山に力が戻り森林資源の再生を図ることができるからだ。

当社ではこの国産無垢材に長期にわたる耐久性を与えた「緑の柱」

を使用し住宅を建設している。土台から通し柱、筋交いなど

主要部材のほとんどに緑の柱を使い、安心して住まうことのできる

長寿命の家づくりを心掛けている。

10/05/10 20:52

6. 経済的省エネルギー効果「ガイナ」


宇宙開発で培われた最先端の技術を取り入れて誕生した鞄進産業の製品「GAINA(ガイナ)」は

特殊セラミックを塗料化することに成功した機能性環境改善塗料です。塗るだけで断熱を可能にした

ほか、遮熱・防音・防汚・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮します。ガイナのこの技術は

「国際新技術フェア2002」において「第2回優秀新技術賞/優秀新技術特別賞」を受賞し、その後

建築用の多機能性断熱塗材として実用化されました。ガイナを取り扱うためには、独立行政法人宇宙

航空研究開発機構法(第4条)により「平和利用目的に関する契約書」の締結が義務付けられています。

「ガイナ」は正しく取り扱って初めて効果を発揮する多機能性塗材です。当社はその取扱店として

ガイナの特性を十分に理解し使用するための研修を受けております。建物の天井や壁にぬるだけで

特殊セラミックが作用し、空気中の有害物質やいやな臭いを中和・イオン化。さわやかな住環境をつくります。

09/09/06 17:16

4. 明けましておめでとうございます。


昨年は建設不況の煽りを受け厳しい年となりました。

この不況下において仕事を確保するのは“絶対”となりますが、それだけではなくこれまでの仕入れ、販売に対する

スタイルをもう一度見直す余裕も必要だと考えています。本年も宜しくお願いいたします。

外需依存が強い日本経済。100年に一度といわれる金融不況の中、国民に対する我が国の政策“定額給付金”。

世論調査でも約70%がこの政策を支持していない結果が報道されている。

2兆円規模の“給付金”をやるのなら、他国の景気対策のように消費税減税を考えるほうがいいのではないか。

消費税を1%下げると中小企業が国に納める税額は2割減となり景気対策として速効性があるのではないか。

大企業株主への1株当たり3円の配当を雇用に回せばいったい何人の雇用が守れるのだろう。

10年以上法人税を納めていない大銀行が、ある企業に9000億円投資する話はどうだろう。

毎年7万件の事業所が減っているなか中小企業の内需拡大の仕組みの確立や応能負担の原則も必要なのでは、と思う。

09/01/09 15:38

3. 資源小国の‘都市鉱山’
地球温暖化防止について、さまざまな分野で研究、開発が行われている。
資源の効率的利用、エネルギー源の見直し、環境対策、リサイクル。
身近な携帯電話も大切なリサイクル資源となっている。
携帯電話一台に使用される金属は、金、銀、銅、クロム、ニッケルなど
20種類以上にもなる。現在国内で使用されている携帯電話は1億5000万
台以上にものぼり、その回収資源には3〜4トンの金が含まれている計算になるらしい。

処理されるOA機器・廃家電・廃車など国内のリサイクル資源、それらのスクラップ
は重要な原材料供給源として活用されている。

08/08/22 16:14

2. 「オイルロード」
 アラビア湾岸の港と日本とを結ぶ原油輸送航路“オイルロード”。
中東諸国からの輸入は年間2億万KLを超す膨大な原油が運ばれています。その距離はおよそ1万2000km。
運ばれてきた原油は製油所で石油製品に精製されます。関東地方で8か所など、そのほとんどは臨海の
埋め立て造成地に立地しており、現在国内には29か所の製油所があります。
購入した原油代に輸送運賃と航海中の保険料を加えた日本到着時の原油代をCIF価格といいますが、
原油の国際取引はドルで行われています。
また、2006年度に原油の関税(従来170円/kl)は撤廃されましたが、石油には多段階にわたって
さまざまな税金がかかっています。
たとえばガソリン1Lには、消費税を除いて約56円の税金がかかっている計算です。
レギュラーガソリン価格については、‘99年以降原油国の生産調整による原油価格の上昇があり、
2004年から現在も上昇基調が続いています。
日本では、石油の安定供給のため原油の輸入先は20カ国以上となっているようです。

08/05/10 11:54

1. 「消えた年金」
2008年。年が明けても「年金問題」はつづく。
平成生まれの人が成人式を迎えるこの年、社会不安になる
材料が山積みだ。
先日、身近な人から“ねんきん特別便”が送られてきたと聞いた。
約5千万件の記録漏れ年金。
私たちが毎月納めてきた大切なお金。
あまりにもずさんな流用のされ方に、あきれてしまった。
行政の都合で使われるような、こんな管理制度では何も変わらない。
私たちから徴収する額を増やすだけ増やして
制度の中身が変わらないのに、どこまで続けるのだろう。
“国”という大企業の経営のありかたに、不信感が募るばかり。
政治とはなにか、政治家とはなにか、古い習慣や慣習を原点に戻り
考え、少しでも“公僕”という言葉を意識してくれたらと思う。

08/01/26 11:54


会社案内 | お問い合せ個人情報の取扱い

Copyright (C) 2005 by 株式会社 アサヒホーム All Rights Reserved